アジャラ地方 (Adjara)

ジョージア第二の都市バトゥミがある国内の自治共和国です。夏のリゾート地として人気があります。

地理:     ジョージア最南西部の黒海沿岸、小コーカサス山脈の麓に位置し、北はアジャラ地方、南はトルコと接しています。面積の80%が山岳地、15%が丘陵地と山がちで、低地を含め大部分は森林に覆われています。

気候:     コーカサス地域で最も雨量が多く、北半球でも多湿な地域の一つになります。亜熱帯性気候で、沿岸部の年間降水量は3,000mmに達します。南にはアチャリスカツリ川が流れ、黒海へと注いでいます。

土壌:     他の地方と異なり石灰岩や腐植土が少なく、アチャリスカツリ川上流の山地は粘土や砂礫、川そばの渓谷は沖積土になります。

主要品種:白)ツォリコウリ(Tsolikouri)
 赤)チュハヴェリ(Chkhaveri)

生産地一覧に戻る