ニュース

Wine of Georgia in Japan
Wine of Georgia in Japan
伝統式とヨーロッパ式、2つの醸造法を組み合わせたハイブリッド赤ワイン

●ミルディアーニ サペラヴィ ・クヴェヴリ 2015 (Mildiani Saperavi Qvevri) 参考上代6273円(税抜)
黒系果実(ブラックベリー、カシス)を主体に、ハーブやナツメグの香りも感じられます。凝縮した果実味と練れたタンニンのバランスが良く、重厚感のあるフルボディのワインです。今、楽しんで頂く事もできますが、あと3~5年ほど熟成させても楽しめるワインでしょう。

生産者のミルディアーニ・ファミリー・ワイン(Mildiani Family Winery)は、1991年に設立されたカヘティ地方のワイナリーで、ワインの他、ブランデー、チャチャ等のアルコール飲料も生産しているグループ企業です。
1995年に2haの畑を購入したのをきっかけに、現在ではカヘティ地方のツィナンダリ(Tsinandali)を中心に、ラチャ地方、イメレティ地方含む100haの異なるマイクロゾーンに自社畑を所有し、契約農家からもブドウを購入しています。手掛けている品種は、ジョージアの固有品種を主体に約20品種ほどですが、ポートフォリオを充実させる為、ジョージアであまり知られていない新品種にも挑戦し、それを広めることで、ワイン産業の発展にも貢献しています。醸造では、クヴェヴリによる伝統式醸造とヨーロッパ式醸造の両方を採用しており、今回ご紹介しているワインは、クヴェヴリでの発酵/熟成後、更にステンテレスタンクで熟成させるという、新旧2つの醸造法を組み合わせた手法が取られています。

常に新しいものを生み出したいと考えている彼らのワインは、ジョージアのインターナショナル・クヴェヴリワイン・コンペティション(International Qvevri Wine Competition)やサクラアワードでゴールドメダルを受賞。日本を始め、アメリカ、カナダ、中国等12ヶ国に現在輸出されています。
(Text: Ryoko Fujimoto DipWSET)

問い合わせ先: 株式会社リクレインサポート
http://www.georgian-wine.jp
📞03-5722-7835 

#ミルディアーニ
#mildianiwinery
#リクレインサポート
#ジョージアワイン
#georgeanwine
#georgeanwinejp
Wine of Georgia in Japan
Wine of Georgia in Japan
未知なるワインに出会うワクワク感が楽しめる、、これが正にジョージアワインの魅力の一つと言えるでしょう。

ジョージア🇬🇪きってのカヘティという有名産地にありながら、その主要品種はテトリ・チティストヴァラという激レア品種!流石525種もの登録品種を抱えるジョージアですね。

潰したアプリコットや夕張メロン、そして味わいには力強いフェノリクスが感じられる素晴らしい一本です。
#ジョージアワイン #オレンジワイン #アンバーワイン #ヴァンドリーヴ
Wine of Georgia in Japan
Wine of Georgia in Japan
生産量わずか!超・希少品種ドンドグラビで醸されたイメレティ地方のクヴェヴリ・ワイン

●ドンドグラビ (Dndghlabi) 2020 参考上代: 4,000円(税抜)
ドライアプリコット、オレンジ、ハーブティーの香り。果実味とわずかに感じられる軽めのフェノリクスがうまく調和し、すべてのコンポーネントがきれいなまとまりを見せています。後味に滋味も感じられる、ミディアム・マイナス・ボディのワインです。

生産者であるアルチル・グニアヴァ・ワインセラー(Archil Guniava Wine Cellar)は、2010年に設立されたイメレティ地方に拠点を置く家族経営のワイナリーです。3ha程の自社畑を品種ごとに区画分けし、クラフナを始めとするイメレティ地方の品種を守りながら、バイオダイナミクス農法を取り入れた無農薬栽培を行っています。
特筆すべきは、ドンドグラビ(Dndghlabi)、ムガロブリシュヴィリ(Mgaloblishvili)といった絶滅の危機にある古いイメレティ地方の固有品種を見つけ出し、栽培している点!今回ご紹介しているワインは、ドンドグラビ100%のシングル・ヴァラエタル・ワインになります。この品種は、ソヴィエト連邦統制下では広く栽培されていたそうですが、他の白ブドウ品種を栽培する生産者が増え、廃れていったとの事。通常、西ジョージアは東ジョージアに比べ、スキンコンタクトの期間が短いですが、このワインはクヴェヴリで4カ月行われており、東西ワインカルチャーの融合が試みられています。生産者曰く、「西ジョージアの酸と果実味、東ジョージアのストラクチャー、タンニンが感じられるワインになっている。」との事なので、是非楽しんでみてはいかがでしょう。

生産量は極めて限られますが、彼らのワインはアメリカ、中国、オーストラリア、英国、デンマーク等、多くの国に輸出されています。
(Text: Ryoko Fujimoto DipWSET)

問い合わせ先: DaiSuWine合同会社
email: reception@daisuwine.com
Website: https://daisuwine.com/

#アルチルグニアヴァワインセラー
#archilguniavawinecellar
#DaiSuWine
#ジョージアワイン
#georgeanwine
#georgeanwinejp
Wine of Georgia in Japan
Wine of Georgia in Japan
有機栽培ブドウで醸された、クリーンなローインプット・クヴェヴリ・ワイン

●カスレリ サペラヴィ (Casreli Saperavi) 2019 参考上代3,399円(税込)

黒系果実(ブラックベリー、カシス)を主体に、サワーチェリー、クローヴ、樹脂のニュアンスも感じられます。味わいはクリーンでジューシー。高い酸とアルコールのバランスがよく、14.0%というアルコール度数ながらフレッシュな酸が全体を軽やかに仕上げています。タンニンは滑らかで、滋味深くも感じられるワインです。

生産者のカスレリ・セラー(Casreli Cellar Ltd.)は、2014年に5人の医師によって設立された小規模ワイナリーで、カヘティ地方の4 つのPDO (ムクザニ、ヴァジスバニ、グルジャアニ、カヘティ) が交差する場所にあります。
忘れ去られたジョージアの古い固有品種を発掘する事を目標に掲げ、ルカツィテリやサペラヴィの他、チティスヴァラ(Chitistvala)、ムツヴィヴァニ(Mtsvivani)、ザガニゼ(Dzaganidze)といった希少品種も栽培し、カルトリ地方や西ジョージアの品種をカヘティ地方にて栽培するという、地域的な可能性にも取り組む実験を行っています。
15haを有する自社畑では除草剤、殺菌剤、殺虫剤を使用しない有機栽培をしており、醸造では亜硫酸添加量を抑え、徹底的な衛生管理の下で伝統的なクヴェヴリ醸造を行っています。

彼らが手掛けるワインは海外市場でも高く評価されており、インターナショナル・ワイン・アンド・スピリッツ・コンペティション(International Wine and Spirit Competition)やデキャンター誌で高得点を獲得。今回ご紹介しているワインも、インターナショナル・クヴェヴリワイン・コンペティション(International Qvevri Wine Competition)でゴールドメダルを受賞しています。
(Text: Ryoko Fujimoto DipWSET)

問い合わせ先: Vd’Oヴァンドリーヴ株式会社
📞 050-1800-9490
www.vinsdolive.com

#カスレリ
#casreliwine
#ヴァンドリーヴ
#ジョージアワイン
#georgeanwine
#georgeanwinejp
Wine of Georgia in Japan
Wine of Georgia in Japan
オーガニック認証付きナチュラル・クヴェヴリワイン

●アナペア ムツヴァネ (Anapea Mtsvane) 2019 参考上代: 4300円(税込)

濃いオレンジブラウンの色調。香りは複雑性があり、ドライオレンジ、アールグレイティー、土、わずかにスモーキーさも感じられます。味わいはドライで、グリッピーなタンニンが印象的。高い酸が全体をタイトに仕上げ、スキンコンタクト由来のフェノリクスがしっかりとしたストラクチャーを形成しています。わずかな旨味とミネラルのタッチが余韻に残るワインです。

生産者のアナペア・ヴィレッジ(Anapea Village)は、2013年にカヘティ地方に設立された家族経営のワイナリーです。未耕作の荒れた土地に、カヘティ地方の6種の固有品種~ムツヴィヴァニ(Mtsvivani)、ヒフヴィ(Khikhvi)等を植え、土地改良を行いながら畑造りをスタート。現在、その品種数は39種にも及びます。
自然との共存を意識し、畑は灌漑せず(dry farming)、硫黄と銅の調剤だけを使用した有機栽培を行っています。また、ガチョウを畑に放し飼いにする事で害虫駆除や土壌の浸食も防いでおり、設立から3年後の2016年には、生産しているワインのほとんどがジョージア、EU、スイスで法的に認められているオーガニック認証のコーカサート(CaucasCert)を取得しています。

彼らのワインは、ドイツのワイン誌マイニンガー(Meininger)で高得点を獲得。ワインライターのジェイミー・グッド氏も90ポイント以上をつけ、高い評価を得ています。
(Text: Ryoko Fujimoto DipWSET)

問い合わせ先: ジョージアワインショップWinemi(ワインミー)
E-mail: ekakinuma@gmail.com
📞090-6101-4651

#アナペア
#anapeavillage
#ワインミー
#ジョージアワイン
#georgeanwine
#georgeanwinejp

上記ニュースはWine of Georgia in Japan facebookページの新着情報です。
過去のニュースはこちらより御覧ください。